コタラヒムブツ研究室Kothalahimbutu

コタラヒムブツとは?

スリランカでは、ハーブティーとして愛飲されている植物

コタラヒムブツ

コタラヒムブツは、スリランカ原産のつる性植物です。枝は二股に分かれながら成長していきます。若い樹皮の部分は滑らかで、向かいあった葉はシンプルで6~12cmの卵型をしています。
現地では血糖値を下げる薬木として長年重宝されてきました。この植物は、成長するのに約7年を要し、この7年を経過した原木の根と葉の部分を除いたものがコタラヒムブツとして使われます。

スリランカ政府により、海外輸出禁止品目に指定され保護されてきましたが、2001年日本への輸出が認められると同時に多数の研究者により学術的な研究がスタートしました。

昔、スリランカの王族たちは、「コタラヒムブツ」の幹をくりぬいて作ったマグカップに水を入れて愛飲したそうです。今も変わらず、ハーブティーやジュースとして利用されている「コタラヒムブツ」は、日常生活の中で親しまれている植物の1つであるといえます。

効果効能

食後血糖値の上昇を抑える

スリランカ名:Kothala-himbutu(コタラヒムブツ)
学術名:Salacia reticulata(サラシア レティキュラータ)


  • コタラヒムブツ原木

  • コップ

  • 原木