酵素研究室Enzyme

「酵素」ってなに?

私たちの生命活動を支える「酵素」

酵素(エンザイム)とは、生物の細胞内でつくられるタンパク質性の触媒の総称で、酵素の量と活性度が健康状態に大きく関与しています。体を「家」に例えると、脂質、糖質などの栄養分は材料で、材料を使って組み立てる大工のような役割を果たすのが「酵素」なのです。

健康の鍵は酵素

酵素には体内で作られる「消化酵素」と「代謝酵素」、体外から食事で摂りいれる「食物酵素」があります。それぞれの酵素には決まった役割があり、例えば消化酵素の一つ「アミラーゼ」は糖質を細かく分解し、吸収されやすくする働きがあります。また、パパイアに多く含まれる「パパイン」という消化酵素は肉類などのタンパク質を分解します。このように酵素は健康維持に非常に重要なのですが、年齢と共に体内で作られる量が減ってくることが分かっています。

熱に弱い酵素

野菜や果物などの生で新鮮なものは酵素が活きた状態で含まれています。しかし、酵素は熱に弱く、48度で破壊が始まり70度ではほとんどが力を失ってしまいます。その為加工食品や調理済みの食事では活きた酵素を摂ることは難しいのです。

効率よく酵素を補うには?

酵素はサプリメントやドリンクとしてよく見かけます。しかし、注意したい点は「活きた酵素」かどうかです。ドリンクタイプはその製造過程で殺菌のため加熱が必要で、熱に弱い酵素の働きがほとんど失われてしまっているケースがあります。活きた酵素かどうかを確かめるには、糖質やタンパク質を分解する力があるかどうかを試す簡単な実験がおすすめです。

実践!酵素活性実験

用意するもの
ハム、酵素サプリメント
手順
ハムの上に酵素サプリメントを置いて、37℃で約3時間放置した結果、酵素サプリメントを置いた部分だけハムに穴が開きました。この結果から、酵素によってハムのタンパク質が分解されたことが分かります。