自然の素材を最先端科学で探求する

昔から体に良いと伝わるものは、自然にあるものがほとんどです。
基礎研究から新製品開発、品質管理までを担当している富士産業研究開発センターでは、自然素材の持つ、未知なる可能性と潜在力を、最先端の技術と科学の目で日夜探求しています。

私たちは、これまでに桐葉、桑白皮、にんにく、カイアポイモ、コタラヒムブツなどをはじめとして、様々な自然素材をテーマとしてきました。
幾年もかけて慎重に研究開発されたこれらの成分は、臨床検査などを経て、健康食品や医薬部外品として製品化されています。
また、製品化後もさらに安心してお使いいただけるよう、安全性も追求しています。

「自然を研究する」ことは、時間と手間がかかります。 しかし私たちはこれからも、確かな研究を通じて、皆さまのより豊かで健康な生活への貢献を目指し、最善を尽くしていきたいと考えています。

当サイトでは、富士産業研究開発センターがこれまで研究してきた主な自然素材について紹介いたします。

  • 桐葉・桑白皮研究室

    桐葉・桑白皮研究室

    高い発毛促進作用により、薄毛や抜け毛の改善に注目されています。

    詳細を見る

  • カイアポイモ研究室

    カイアポイモ研究室

    栄養価に優れ、高い抗糖尿病効果が認められています。

    詳細を見る

  • にんにく研究室

    にんにく研究室

    にんにくB1エキスはアトピー性皮膚炎の改善に効果を発揮します。

    詳細を見る

  • コタラヒムブツ研究室

    コタラヒム・ブツ研究室

    血糖値上昇抑制作用により、メタボリック症候群対策に期待されています。

    詳細を見る